知りたがりの雑記帳

人生の楽園を探して

飽き性の性質

どうもムカイハルトです。先日、どこかのデリヘルグループのWeb更新スタッフのアルバイトに採用されて働いています。仕事をしていて違和感がないので自分に合っているように思っています。


さて、今回は飽き性について個人的に有意義な仮説に辿り着いたのでご報告します。

そもそも大雑把に飽き性は2つに分けられます。

・物事を突き詰め過ぎて他にやることが無くなって飽きるパターン

・最初は面白そうとか興味があると感じて始めたものの、すぐにやる気が無くなるパターン

私が今回言及するのは後者ですし、それは自分自身が後者パターンの飽き性だと思っているからです。

 

さて、簡単な定義が終わったので結論を書きますと、

ある事象に対して、携わった時間、接触回数、思考回数、思考濃度によって事象についてのめり込む性質や傾向が小さい人間が後者パターンの飽き性になる可能性が高いです。

 

誰しも何か新しい物や人と接触するときというのは、初めてなので相手の情報は0スタートです。

飽きにくい人間と飽きやすい人間の違いは、同じスタート地点の開始だとしても、のめり込みやすいかそうでないかに大きく左右されます。

では、一般の人間(それなりに周囲の人間に流される、適度に飽きる、円満な家庭に育ち家族思い)と飽き性の人間はどこで差がついているのでしょうか。

これが上の結論で申したとおり、ある事象に対して様々な外的要因によってのめり込むか否かということになります。

 

例えば、両親ともにミュージシャンの家庭で15年暮らしている子供はどうでしょうか。

その子供が一般の人間だとしたら、音楽の才に恵まれなかったとしても音楽について人並みならぬ興味関心のある大人になる可能性は非常に高いと思います。

音楽に触れ、考えた時間と回数が抜きん出ているからです。

これは外的要因によって音楽にのめり込む状況が生まれ持って存在していたからです。

ではもし、後者の飽き性がこの家庭に生まれていたとしたらどうなったでしょうか。

恐らく自分の好きなジャンルの音楽やマイナーなアーティストの知識はそれなりにある大人になるかと思いますが、それ以上に興味関心があるかは”ランダム”になります。

なぜなら己の外部の影響を受けてのめり込む性質が殆どないからです。

親への反抗心でないとして、音楽以外のジャンルに進路を取る確率は高いでしょう。

なぜなら遺伝情報と環境要因を無視すれば、人間の興味関心は”ランダム”としか言いようがないからです。

無数にあるジャンルの中から”ランダム”に偶然親の興味関心と一致することは相当珍しいでしょうね。

 

後者の飽き性でないことが環境適応に優れていると捉えて良いかは分かりません。

ただ、日本の学校教育や家族システムで簡単に補えるとは思えません。その程度には逸脱した性質だと思います。

文化や思想が身体の芯に染み渡っている気がしないのです。日本人を続けて25年経っても、私が日本人であると名乗っていいのかよく分からないです。

日常生活の中で気を抜くとVRのようなヴァーチャルな世界にいる感覚になります。

最近では、実際に目の前にいる男性の後頭部目掛けてピストルをかましたところ(勿論想像上ですよ)血しぶきと肉片が私の顔面に大量に飛んで来たので、思わず目を閉じて避ける素振りをしてしまいました。

それを買い物中の女性にまじまじと見られていたころに気付き、危ない危ないと我に返えりましたが…w

他にも箸渡しを親の目の前でしたとき憤怒を買ってしまい驚きました。演技でなかったので。

 

そんなこんなで外部要因に影響されて人格形成に取り込むことができない、時間と労力を投入しても自分の中に蓄積されないなど環境によって成長することが難しいのが後者の飽き性の特徴の1つではないかと思います。

環境の影響で強固な記憶形成により興味関心などを刷り込むことができない私は、徹底して自分の感性を信頼するしかありません。感性に従った結果、現時点で最も興味のある仕事は風俗に関係するものだという結論が出たので暫くこの業界に従事してみようと思っています。

 

もしかすると”普通であれ”という国民典型日本人化計画という方が狂気的かもしれませんが私の批評するところではないので割愛。

エデン界隈を渡り歩く

f:id:egashira1055:20180420003938p:plain

ブログ更新が滞ってから半年近く経ち、自分の中で様々な物事が溜まりつつあるのを実感しているムカイです。エデン古参のハルトマンとは無関係です。

半年間の経歴

Webデザイン職業訓練でデザインのセンスが無いことを痛烈に感じた後、スマホのアプリで知り合った同い年の人間のコネでSESに入社した私は現在、一切プログラミングなどの勉強を行っておりません。

まあ、SESについてはいつか別に書くとして、自分が戻って来れる場所(知りたがりの雑記帳)がまだ残っていてよかったなあと思っています。

エデン界隈に出入りするようになったのはえらいてんちょうのトークイベント参加と2017年12月の破産バーで爆笑したのがきっかけです。

 

エデンに時々通う

エデンには10回くらいなんやかんや金を吸い取られに行っております。でもバーテンやサブバーをやる気には(実は一度やりたかったときがあったけど)あまりなっていないです。

僕には突出したものがないから。金に換えられるような、人々の心を満たせるコンテンツをまだ持ち合わせていないから。
きっと僕が最も多くの人間を満足されられるコンテンツというのは音楽や芸術の分野だと思うのだけど、それに時間と金をつぎ込んでいく余裕が現状ない。

ついでに言えば、エデン騒音問題を意識してしまうのであそこで何か演奏してみたいとか全然思えない。つまり僕が活躍するフィールドではないってことだ。

あそこは喋りができる人間、飯が作れる人間、酒が作れる人間、小規模スペースを使って何かすることができる人間が優遇される場所だろう。

それ以外の人間は金を落とす客にならざるを得ない。ぼったくり価格だと思うか、商品を買いに来てるわけではないと思うかは客次第の世界だ。

 

エデンに来る人

エデンに出入りする人間はどう見ても何か持っている人間が多い。キラリと輝るものを誰しも持ち合わせていると仮定するなら、それを自ら輝かせられる人間、つまり一芸を備えている人間が吸い寄せられている。

私はこれといって持ち合わせていない。餓鬼みたいな遊び心や未知に頭突っ込んでみたい欲(特に未知の人間)で後先考えずに行動できる能力くらいなもので、人の心を満たせる成果物を持っていない。

 

エデンの価値

私にとってのエデンの価値は主に2つある

・人生スタンプラリーを進められる

(教養ある未知の人間と会話するとそのタイプの人間に今後遭遇したとき対処しやすくなる などスペックが低い私にとって生きやすくなる手段)

・知的好奇心を満たせる

(何かを極める気がないのであれば、面白い人間と会話するだけで容易く知的好奇心を満たすことが可能。読書でもできるけど生身の人間の方がよほど新鮮である)

 

ブームになりつつあるフランチャイズ・イベントバーエデン(追記 2018/04/23)

こういうこと書くとどこかで何か言われそうだけど、言いたい奴は何処でも何でも言っているので現時点での浅はかな思いを書いておく。

店舗運営できる人間はそこそこの企業で役員を務めるくらい有能な奴が大半なのでは。

この一文に限る。会社員できるなら自営よりも圧倒的に楽な場合が多いんじゃないの?

えらてん氏がリサイクルショップを運営していた頃、無職で方向性皆無だったので漠然と俺にも自営業できるんじゃないのかと思っていた。

 

本当に切羽詰まれば1月くらいは何とか運営のようなことができたのかもしれないが、自営陶芸家と接点を持ち、エデンに何度も通って分かったのは、店舗運営よりも会社員の方が圧倒的に楽そうだということ。

10年以上やっているベテラン喫茶店のマスターやネットで知り合ったフリーランスプログラマ、会社員勤めが苦手なフリーランスのカウンセラー、フリーの占い師など色んな人間に会ってきた。

 

例外なく、彼らはタフに見えた。いや、恐らくタフでなければやっていけない世界なのだろう。上司の言いなりになっていれば毎月定額の金が入ることなどない世界で、生きていくために必死になるのはタフな奴にしかできない。

店舗運営が難しいというのは、自分が働かなくても人が働いてくれる環境を作ることが難儀だということもある。

親戚でホルモン屋を開業した人がいるが、会社でコネや資金を作り、様々なノウハウを学んできたのだろう。中年になる少し前にお店を構えたようだ。

バイトが集まらなくて大変だという声が聞こえてくる。仕事はやりがいに満ちているだろう。それだけ今まで準備してきたのだから当然だ。

 

俺は自分のような無知な人間に言いたいのだけど、生半可な気持ちで店舗を運営できるだろうなんて思うのなら、実際にその目で見てからにしろ。

発達障害でも自分の好きなように活躍できるのが自営業かもしれない。ただ、そこにはちょっとした落とし穴がある。発達障害なら誰しも簡単に店舗運営や自営業ができるなんてことは一切書いていない。寧ろ逆で、健常者でさえ自分の店舗を運営し続けることができるのは一握りだということ。つまり、バカにはできねえ仕事だってこと。

 

だから就職活動も含めて人生イベントを怠け、サボってきた人間が怠惰な選択肢として自営を選ぶのなら大半が勝手に淘汰されると思っておいた方がいい。

会社員がラットレースなら自営で生きていける奴は走る前から決まっているようなものだ。ただし、無謀でもやる価値がないとは言っていない。本当にやりたいならやんなさいな、結果ではなく過程に意味があるかもしれないしさ。

ブランド物が嫌いなのはなぜか考える

f:id:egashira1055:20171021010242j:plain

自己中って人として最低なのかな~どうもムカイハルトです。絶賛自己中拗らせ中。 

 

 

ブランドという言葉、取り分け日用品や車や電化製品などのブランドというのがあまり好きではない。
今回問題なのは、好きでないだけならいいのだけど、それを口に出したくなってしまうことだ。

 

私はアボカドが嫌いなのだけど、それを口に出すことは殆どない。
だがブランドやブランド品が嫌いだということを、然もカッコイイかのように発言していることに気が付いた。

 

これはイタイ発言なのだ。この発言を聞いて「なんて変わっているんだろう、素敵~」なんて思う奴がいるとすれば、強烈にアホと言っていいと思う。

 

私は自分の発言が他人からどう思われるのか、そういった想像力とデリカシーの無さを痛烈に指摘されたことがある。
そこで、高校時代に築いた悪臭を放つ無価値な価値観を一掃すべく改めて自分と向き合っているのだ。

 

閑話休題

 

ブランド品を好む人を大雑把に2つに分けよう。
・ただのバカ。CMやイメージに流されている底辺の消費者
・コンセプトや、ブランドに込められたメーカー側の意図を読み取っている消費者。または、そのブランドの質の良さなどを理解した上で購入している人。

 

前者についてはバカなので気にすることなどない。
だが、ブランド品を好んでいる消費者全体の一体何割が前者だと決めつけることができるだろうか。


私は高校時代にブランドとはイメージ先行の消費者しか釣られないものだと決めつけたことで、ブランド物は嫌う方が優れているとかカッコイイだとか言う結論に至ったのだろう。

 

その考えを今まで更新しなかったのが私の汚点なのだ。

さて、後者については私がなんやかんや言える立場ではないことを念頭に置かなければならない。


ブランドと言っても製品は多岐に渡り、それを言い包めるなんてことは相当な研究が必要になるだろう。

また、ブランドとは企業の戦略の1つであるので、それをバカにするのは企業をバカにするのと同じである。


近所のオヤジがやってる八百屋をバカにするくらいならまだしも、世界規模で販売している大企業を私がバカにできるわけがないのだ。

 

バカにするためにも研究が必要になる。その企業の歴史、ブランドが生まれたわけ、社員達は何を考えて働いているのか、そういったことをガン無視して批判するのは、ガソリンスタンドで平気な顔して喫煙するようなものだ。

 

おそらく、ここまでアウトプットできればブランドそのもの全般を人前で軽口叩いて批判するのが愚かだと認識できたことだと思う。

ここからは具体的に考えていく。

 

ルイ・ヴィトンの鞄、財布などを見ると嫌悪感を感じる。
ああ気持ち悪い、なぜこいつもそいつも決まりきったように持ち歩いているんだね???
ルイ・ヴィトンのウェブサイトやWikipediaを読んだりしたものの、嫌悪感は減らない。
これは実際に購入して良さを味わうしかないのかもしれない。ルイ・ヴィトン嫌いの克服には時間と金がかかりそうだ。

 

Appleが好きという人が嫌い。
もはやブランドが嫌いなのではなく、盲目的にAppleは良いと思っているように見える人間が嫌いなのだ。
Apple製品が優れていることは知っている。実際iPhone5を使っていたこともあるからだ。


じゃあ何がそんなに気にくわないのさ?
恐らく原因はApple信者の視点が分からないことだろう。
彼らの視点、Apple製品は素晴らしいという視点を独力で認識できない状態で、「Appleが好き」とか言われてもよく分からなくて気持ち悪く感じているだけなのかもしれない。

 

トヨタのクラウンが嫌い。
実は中学~高校時代にかけて「いつかクラウン買ってみたいなあ」なんてことを思っていた。
まあ、これだけ一般道を走っているのだからそんな風に思うこと自体は普通だろう。
だがあるときクラウンがDQN御用達と聞くなり評価は一変。


クラウンに乗っていると聞くだけで身震いし、なるべく近寄らないようにしようと思う程に。
車を運転していて近くにクラウンがあれば威圧的に思えてしまうし、特に黒は勘弁して欲しい。

店を持つか否か。常識の向こう側へ。

f:id:egashira1055:20171016030148j:plain

生活水準を年収300万の会社員からニートに落としてもあまり人生変わらないことが分かったムカイハルトです。

 

私は今再び悩んでいます。
えらいてんちょう氏をご存知でしょうか。私は彼が提唱している「店を持て」ということを実践しようかずっと迷っているのです。

 

例えば2階建て家賃8万くらいの店付き物件を借りて適当に商売するということなのですが、私は生まれてからまともに商売などやったことがなく、飽き性この上なく、人望もないのです。

 

えらてん氏と同じ考えなのは、ただ単に家賃を払うというのは勿体ないわけです。
何か適当に商売して家賃の足しにできればいいのです。

 

問題は、私はこれから会社員になる予定であり、そうなった場合9時~18時は少なくとも会社に拘束されます。
ということは実質店を開店すると言っても19時~23時程度になるでしょう。

 

しょぼいコンテンツを用意できたとしても1日4時間しか営業できないのは痛手になります。
私が会社員として働いている時間に誰かが店をやってくれればいいんですが、そのためには人望が確実に必要になります。

 

また、当初考えていたのは適当寿司屋です。
ネタは兎に角適当、何でもあり、食って不味ければ注文した客が悪いというスタンスの寿司屋です。

 

飲食店やら中古品を販売するにはそれぞれ免許を必要なはずなので、会社員をしながら最低限の準備を行っていくのが妥当かもしれません。

土地勘の一切ない場所に何も持っていない状態で、しかも営業は1日4時間、休日は疲れてるのでさらに適当では赤字になるために開店するようなものですね。

 

とりあえず目の前の会社員としての仕事に注力することができなければ、副業やら自営も困難でしょう。

将来自営業をせざるを得ない状況になる可能性は十分にあること念頭に置いて、生きるために、勉強する必要がありますね。

 

生きることは簡単ではないです。特に私は社会性というものをあまり身に着けていなく、その社会性そのものをバカにしているところがあるので、この自分を維持しつつ生き残るというのは難しいことです。

 

よってこれからの数年は会社員を離脱する準備期間とし、次の一歩を進みたいと思っています。
ムカイハルトは常識の外側に挑戦しなければならんのです。

出会いアプリでの異性との会話。恋愛体質女を退ける。

f:id:egashira1055:20171015233327j:plain

職業訓練を途中離脱し、さっさとコネ就職しようと考えているムカイハルトです。

 

最近、とあるスマホアプリで色々な女の子達と会話をしています。
気になる方はTwitterで話しかけてくれれば答えます。

 

このアプリ、完全無料で業者や売春関係、性的なワードについて厳しく規制されています。
運営されている方が頑張っているんでしょうね~

 

私がアプリで女性たちと会話する理由は様々です。
・気の合う女友達がいないので欲しい
・性的な関係のみの友人(セフレ)を作ってみたい
・気が合ってぜひ一緒にいたい!と思う人がいればお付き合いしてみたい

 

ざっと言うとこんな感じですね。
私は人並みくらいしか性欲がないので落とせそうな女をナンパしたいとか、そういったことはしてません。

 

もっと言えば”今まで付き合ったことがあるタイプ”には飽きているのです。
私は飽き性なので別のタイプを知ってみたいんですよ。

 

それでこれまで色々話してきて分かったのは、
・自分と比較してあまりに馬鹿な人とは話しようがない
・逆にあまりに頭のいい人と会話すると勝手に戦闘モードに切り替わってしまう
・相手の容姿を知らない状態でチャットしているので、それが分かった途端に興味が失せる
・恋愛体質の女以外は、普段話したいことを喋っているだけでは惚れない

 

そんなことでしょうか。


ネットのチャット友達と恋愛感情無しでリアルで会うとどうなるのかはまだ分かりません。

リスク分散(自分の今いる友人が消えた場合の補助)として活用可能か見極めて行きたいです。