知りたがりの雑記帳

24歳 大卒 既に2度転職 実家に寄生中無職 これからどうする!?

収入と承認欲求が最低限満たされれば大半の人間は生きていける

皆さんはTwitterとかFacebookInstagramやってますか?
そしてそれは何のためにやってますか?

Twitterは1年くらいやってたんですけど、大学卒業してから友達の動向がどうでもよくなってしまったのでたまーに事業家のツイートを暇つぶしに見る程度です。
Facebookはアカウント登録してリア友を数人フォローして終わり。

一応Twitterを真面目にやってた時期があるのでどんなものかってのは分かります。
自分のツイートにリア友から返事がきて会話するのは面白いですよね。
でも不特定多数の人間からお気に入りとかリツイートされても嬉しいって感じはあまりしないし、それを求め始めるとめんどくさいのかなあと思います。

 

しかし、ここまで書いておいて本当に赤の他人から認められたとして嬉しくないのかよく分からなくなってしまった…

{このブログはいつか小遣い稼ぎになればいいかなー程度にしか考えてない自分日記なのでぐだぐだに書いております}

永田カビの作品が今のところ気に入っているのだけれど、あれ読む限りだと承認欲求って人生において巨大要素なんじゃないかみたいに思えるわけです。

自分が今まで体験したことのない人数から賞賛or否認されたとき自分が一体にどうなるのか。それは体験してみないことには分からないのではないだろうか。

 

サンプルとして小保方晴子見てみよう。
彼女は突然世界中の人間から注目を受けることになった。
(突っ込みどころは沢山あると思う。でも省略する。)

STAP細胞の真意以前に最初はかわいい顔だとか理系女(リケジョ)だとかでもてはやされていた。(気がする)

しかし一変、あれよあれよ杜撰で手抜きと思われる論文箇所が出てくる。

もし仮に、承認欲求が人生に与える影響が小さいとすれば、小保方の評価が墜落しても左程のダメージは受けないんじゃないだろうか。

まあ、小保方が墜落後の2年間命が尽きると感じてたってのは多分事実で、承認欲求以外にも博士取消とかあったので一概に承認欲求云々は言えないのだけど。

ここまで書いてきてなんとなくどうでもいい話なんじゃないかと思えてきてしまったwww

 

まあね、これからあらゆることの効率が上がって先進国の労働時間が低下した結果、高収入を目指すよりも承認欲を満たしたいと大半の人間が思うことになるらしいんだわ。

ジョージ・オーウェルの「1984年」でもそんなことが読み取れるわけで。

でね、これからは金を幾ら持っているかよりもどんな人脈があるかっていう方が重要になるって様々な本で言われているんだけど、それってさ何が重要かと言えば”世界の大半の人間には”ってことでしかないんだよな。

うん。俺が普通のそこら辺にいるあまり変わった特徴のない人間ならば、人脈形成に精を出すのはいいんじゃない?

でも既に変わり者だって分かっているならこの先世界がどうなろうと知ったこっちゃないんだよなぶっちゃけw

新世界で海賊王を目指すとか、億単位のファンを獲得したいとかそんな強欲がある人間以外にとっては気にする必要なくね?

 

今だって皆金持ちになりたいって思ってるけど、年収300万以上だったかな、それ以上の収入があってもなくても収入で満たされる幸福度は変わらんとか言われてんだよなー

強欲のない人間が強欲人間の作った価値観やルールに合わせる必要ないし、わざわざ認めてやる必要もない。

多数決が絶対と思うのはおかしいんだから気にする必要ない。

10年後の世界で収入が少しあって何人かから認められていると感じることができればそれで生きていけると思う。

どうもこの世界は少数のアクティブ天才達のご都合主義で変化するらしいなー。