知りたがりの雑記帳

このブログは知りたがりさんが様々なことを知った後に雑記のごとく記したものです

憲法読んでみた - 南アフリカ共和国憲法

f:id:egashira1055:20170619232222p:plainf:id:egashira1055:20170619233632p:plain

 

日本国憲法前文を読んでいて思ったことがあります。

日本国憲法が長々しく分かりづらいのは当然なのか?”

”諸外国でも同様なことが書いてあるのだろうか?”

そこで今回は南アフリカ憲法「CONSTITUTION OF THE REPUBLIC OF SOUTH AFRICA」の前文を読んでみました!

 

Preamble

We, the people of South Africa, Recognise the injustices of our past;

前文 我々南アメリカの人々は自分達の過去の不正を認識する

 

Honour those who suffered for justice and freedom in our land;

Respect those who have worked to build and develop our country; and

我が国で正義と自由のために苦しんできた人々を救う

我が国を築き、発展させるために働いた人たちを尊重する

 

Believe that South Africa belongs to all who live in it, united in our diversity.

南アフリカの中に住む人々は多様的な団結をしていると信じる

 

We therefore, through our freely elected representatives, adopt this Constitution as the supreme law of the Republic so as to Heal the divisions of the past and establish a society based on democratic values, social justice and fundamental human rights;

したがって、自由に選出された代表者を通じて、この憲法を共和国の最高法として採用し、過去の分裂を癒し、民主的価値、社会正義、基本的人権に基づく社会を確立する

 

Lay the foundations for a democratic and open society in which government is based on the will of the people and every citizen is equally protected by law;

政府が国民の意思に基づいており、すべての市民が法律で平等に保護されている民主的でオープンな社会の基盤を構築する

 

Improve the quality of life of all citizens and free the potential of each person; and

すべての市民の生活の質を向上させ、各人の潜在能力を解放する

 

Build a united and democratic South Africa able to take its rightful place as a sovereign state in the family of nations.

国家の家族の中で主権国家として正当な立場をとることができる統一された民主的な南アフリカを建設する

 

May God protect our people.

神が私たちの民を守るように

 

 

 

Nkosi Sikelel’ iAfrika.

神よ、アフリカに祝福を(コサ語)

Morena boloka setjhaba sa heso.

主はわたしの民を救います(南部ソト語)

God seen Suid-Afrika. God bless South Africa.

神は南アフリカを祝福します(アフリカスーン語)

Mudzimu fhatutshedza Afurika.

精神(ショナ語)fhatutshedza??? アフリカ

Hosi katekisa Afrika.

主はアフリカを祝福します(コサ語)

 

グーグル翻訳の全面バックアップの元かろうじて読めました。

 

Recognise the injustices of our past;

我々南アメリカの人々は自分達の過去の不正を認識する

 

前文始まってそうそうこれですよ。日本国憲法前文にも書いてある“過去にしたことを忘れるな”的なことですね。日本人からすると根深い人だとか思うのかもしれないですけど過去忘れたら同じことするわけですから強烈な戒めのようなものを感じます。

アパルトヘイトと呼ばれる人種隔離政策と関係があるのでしょうか?

機会があれば本を読んでみたいですね。

 

free the potential of each person

各人の潜在能力を解放する

 

素直に言おう。こんなことが書いてあるなんてかっこいい!!!

ぜひ日本のにも取り入れたい!

 

Nkosi Sikelel’ iAfrika.

神よ、アフリカに祝福を

www.youtube.com

 

これは讃美歌のタイトルにもなっているようです。

さらにタンザニア南アフリカザンビアで国歌になっているようです。

同じ曲(旋律)が他国の国歌になっていることもあるんですなー

 

結論ですが、どう考えても日本国憲法よりもスッキリしてますね。

Wikipediaによれば ”アパルトヘイト政策の廃止により1994年、全人種参加の選挙により制憲議会が発足した。制憲議会は1996年に新憲法を採択し…” とあります。

アパルトヘイト時代の憲法がどのようなものだったのか素人ながら興味が沸きます。

以上、報告おわりんご