知りたがりの雑記帳

24歳 大卒 既に2度転職 実家に寄生中無職 これからどうする!?

男性オナニーの革命的処理方法

この前作ったミタゾノカレーが不評による不評で、折角頑張って作ったのに凄く報われない気持ちになった私、妖精(仮)です。(´・ω・`)

 

私は今回、自分の人生でこれ程恥ずかしいと思うことはないランキング上位に入るアレについて書く。

それは・・・

簡単低コストで臭わない男性オナニーの革命的な処理方法だ。

こういうの物凄く恥ずかしいから書きたくないんだけど、中高生や金欠実家暮らしの青年諸君には今後スタンダードになってもおかしくない方法なので隠しておきたいけれど書くことにした。

極めて簡単なことなので結論を先に述べておこう。

簡単である。お前のサイズにあった格安チャック付き袋を使え!

f:id:egashira1055:20170707013814j:plain

私事なのだが、私の精液は他人の男の精液よりもかなり臭うらしい。
元彼女、家族からの証言があるので私は確信を得ている。
「おにーちゃんの部屋臭すぎ!部屋のドア開けないでくれる?匂いが漂ってくる。」

 

もう一つ恥ずかしいことを告白しよう。俺は小6からオナニーをしている!
皆さんと同じく、トイレで処理、風呂場で処理、自室で処理、学校のトイレでクラスメイトを妄想して処理といった非常にノーマルな場所で処理してきたが、まさか文句を言いたくなるくらい臭かったと知ったのは数年前からである。
(それまでは家族も我慢してたんだろうなー)

 

では、中高生諸君の先輩として私のオナニー歴史をここで振り返ることにしよう。

(書いていてなんだが、誰も読まないで欲しい・・・・・)

誰得オナニー歴史

小4 

勃起現象に気づく。自分の意志と全く関係なく勃起するので体操着が盛り上がっているなど非常に困ることになった。

 

クラスメイトの男に気づかれて馬鹿にされる「おめえの○○固てぇな!!!」

それ以降前かがみで移動するなど、勃起時の基本行動を誰にも教わることなく学習していく。

 

小6 

クラスメイトの会話に出てくる怪しい先輩が白濁液を見せびらかして年下に自慢しているようだった。

そんな液体が本当に出てくるのか、快感を感じることはできるのか、好奇心に駆られてトイレで奮闘すること20分で精通。

なんじゃこれ!?状態。その後機会を見つける度に回数を重ねる。

 

中1

部屋に入ってきた親父が自室のごみ箱を嗅いで「臭え!!!」と言い放ったためトイレか風呂で場所が固定される。

当時の主流は腕を振る動作ではなく、亀頭にリンスをつけて手の平でぐりぐりする方法で早くても10分以上かかった。

 

中2 

風呂の排水溝奥に精液がへばりついているのを偶然発見。

掃除できない距離と掃除好きの親父に発見される恐怖と気持ち悪さから風呂場で処理するのを停止。
PSPを改造してAVが容易に見られるようになったのでおかずが画像→映像にチェンジ。


修学旅行での温泉などで自分よりも発育が進んでいる男子はいたものの、なぜか陰毛とアレを見せて欲しいとクラスの男子に言われ、部室準備室でへその下まで見せ自分が恥ずかしくなって逃走。(これは関係ないか)

 

中3 

トイレが長いと何度も家族に文句を言われたためどうにか自室でやる方法はないだろうかと考える。

たまたま箱型の流せるティッシュが家にあることを発見し自室に持ち帰る。暫くはそのティッシュに出し、丸めてトイレに流す処理方法を行う。

 

高1~3 

トイレに流すティッシュが無くなり途方にくれていると、「そもそもトイレットペーパーに出せばいいじゃないか」という神(紙)の声が聞こえて感銘を受ける。
机の中にトイレットペーパーがある高校生になる。

また、トイレに行くのが面倒なときはブックオフの黒い袋に入れて縛って捨てるなどを行う。
高校時代の休日に行くところはブックオフしかなかったのもある。

 

大1 

一人暮らしをしていたので以前から気になっていたモォ~娘 クリアホール(オナホ)を使用したものの、刺激強すぎて少し痛く、石油臭?が苦手で、洗うのが面倒で時々しか使わず。

 

大2 

実家に戻り、基本はトイレットペーパーに出して流し、不透明ビニールがあるときはティッシュを利用する方法が定着。

しかし、自室から漏れる激臭?を嗅いだ家族から臭いと文句を言われて「なぜ臭いのか?俺の汗か?」頓珍漢なことを考える。


ものづくり好きな親父が、炭を使った兄部屋空気洗浄機を勝手に作り、押し付けてきたものの使用すると煩く、使用していることがもろにバレることを恐れて「俺の部屋にはいらん!」と突っぱねる。
「おにーちゃんの服は臭い!」と言われまさか服にまで臭いが移っているとは…と、自分ではあまり臭いを感じない精子臭について思いを馳せる。


大2~4 

トイレットペーパーを丸めてトイレに移動する際にも廊下が臭っている可能性に気づき、ビニールに入れて縛る方法が定着。

コンドーム解禁からその便利性に気づく。

 

社1~2 

金が増えたので贅沢にサガミオリジナルを一人で使うという、まさに贅沢を行う。
ゴム使用の場合も不透明袋に入れて縛って捨てる。
ゴムの場合、見た目が酷いので(不透明袋でも透ける)紙で巻くことを思いつく。
使用済みゴムを紙で巻き、セロハンテープで固定してから不透明袋に入れて捨てる方法が定着。

 

無職1 

金が減ることを恐れてサガミオリジナル卒業後、格安ゴムに切り替えようとするもゴム臭にノックアウト。
トイレットペーパー使用に短期間切り替えたところで革命起きる←今。
台所に備蓄してあったチャック袋を発見し電撃走る。これはいけるかもしれない。


ポケットティッシュと同じ程度のサイズのチャック袋を持ち帰り、チャックを開いた状態で片手でスタンバイ、出そうになったらアレを袋の中に入れる。
重力に逆らわないように下向けにし、尿道を押してその場で出るものは全て出し、早急にチャックを閉める。
念のため袋の口をセロハンテープで止め、不要な紙に包んでさらにセロハンテープで止めて終了。


これまで百戦錬磨。自分のアレに適したサイズのチャック袋なら失敗率は低いはず。

コスト、臭い、音、難易度など懸念すべき項目を全てクリアできる方法である。

 

ここまで書くと恥ずかしさを感じにくくなってくる。
私の歴史を参考にしつつ皆様にはお役に立てて頂けることを望んでいる。

 

オナニーとニキビの関係性について(追記)

この話題に敏感なのは特に中高生だと思うのだけど、ホルモンがどうのこうのといった難しくてよく分からないことはほっといて、清潔にすればニキビも炎症も治まる確率高いよね。という話をちょろっとします。

ニキビの原因の1つとしてアクネ菌やマラセチア菌という菌がいるのです。

私が清潔にしろというのは、こういった菌を含めて自分の皮膚にいる菌を少し減らしましょうと言っているのです。

 

1 固形石鹸で皮膚を洗わない。

固形石鹸の洗浄力はあなたが思っているよりだいぶ強く、菌だけでなく皮膚の表面を荒くしてしまいます。

その隙間に菌が入り込んだりして次のニキビ予備軍が発生するのだと思います。

 

2 洗浄力が少し弱めに作られたものを使う。

固形石鹸を使わずに水洗いだけで済まそうとする方がいますが、それでは菌の繁殖の方が勝ってしまう場合が多いと思います。

個人差はありますが、要は皮膚のバランスを取ればいいのです。

それは自分でトライ&エラーの繰り返しで学ぶものです。

通販などで購入できるニキビケア用品は、効く人には効きますが万人に効くものではありません。

無駄なものを購入せず自力で対処できたらカッコいいですよね。

 

3 剃刀、髭剃り、その他化粧道具などの洗浄。

私は髭を剃ると毎回のようにニキビができていました。

使用後に水洗いをしていたので刃が悪いのか?などと思っていましたが原因は菌でした。

使用前と使用後に液体石鹸で刃を洗浄するようにしてからニキビは殆どできなくなりました。

私のような皮膚が弱い人は、菌がもしかしたら大量にいるのでは?とぜひ考えてみてください。

 

リンスオナニーについて(追記)

中1オナニー歴史にリンスを使って亀頭をグリグリすると書きましたがその補足です。

本来ならローションを使うべきですが、風呂場にローションが常備されている家庭など殆どなく、仕方なしにリンスを使っていました。

 

リンスオナニーは手でしごくのとは別の気持ちよさがあり、亀頭の裏を徹底して攻めていく快楽は精液まみれになるデメリットを上回る程病みつきになりますが、リンスに衛生上問題があるのでおススメしません。

 

一人暮らしの方はローションを使って風呂場で亀頭攻めをしてみてください。そのせいで膣でイケなくなっても責任は負えませんがw

 

遅漏でも女性にイカせてもらう方法(追記)

男の後ろに女性を座らせ、男性の右の腹部から手を回してペニスをしごいてもらう方法です。

これは自分で試したことではないのであしからず。

ただし、知り合いに試してもらったところ「まるで自分でしているような感覚」になったらしい。

 

自分でオナニーしても射精できない方には無意味だろうが、女性にフェラしてもらってもセックスしてもあまりイケない殿方にはよいかもしれない。

パートナーが名器になることはできないかもしれないが、練習次第で自分の利き腕以上の手腕になるかもしれない。

余談だが、股下からしごいてもらうのは違和感しか感じなかったらしい(体験談)

 

男性オナニーが疲れる理由(追記)

毎日オナニーすると精子製造プログラムがフル稼働するから疲れ続けてしまう!

 

私は連日夜になるとオナニーをする生活を続けてきた。

一時オナ禁をしていた時期もあるが当時に体調の変化をあまり覚えていない。

 

あくまで耐えられるか気になってオナ禁をしていただけであり、体力や気力の変化に注目していなかった。

 

射精で疲れるのは誰しもご存じだとは思うが、射精後は精子をせっせと作る工程が始まる。

工場にある製造機械や、起動しっぱなしのブラウザを思い浮かべて欲しい。

 

製品を製造し出荷できるまで生産できたら機械を止められるが、製造しながら消費していたのでは一向に機械を止めることができない。

常に動き続けなければ次の出荷に間に合わないからだ。

 

タスクマネージャーで起動中のChromeを見てみると、停止しない限り永遠にCPUとメモリを占領し続ける。

 

つまり毎日オナニーすることで怠い男は、無駄に精子を生産消費し続けることに自分の体力気力を注ぎ込んでいることになる。

自分の肉体を無価値に酷使していると言ってもいい。なぜなら射精し精子製造プロセスのフル稼働状態が毎日続いているからだ。

 

私はネットと動画技術の進歩によるオナニー依存症と呼ぶことにする。

 

精液臭に無頓着だと誰にも指摘できないスメルハラスメントになっている可能性がある。(追記 2017/08/18)

 

知恵袋に「生徒から精液の匂いがして困っている」という相談を見つけた。

担当生徒を変更することで難を逃れることはできるが、その生徒が精子臭をまき散らしていることに変わりはない。

 

一般に、スメハラと言えばワキガや加齢臭、汗の臭い(毎日風呂に入らない)などだが、例外が非常に多いのもスメハラの特徴ではないだろうか。

例えば便秘臭。病的に便秘が続く人は体臭が変化してしまうことがあると思う。

(出会ったことはないが…)

 

他にはケトン臭。ダイエットをしている女性や、きちんと食事せずお菓子やスイーツばかり食べている女性に多い印象。糖質の制限が原因でケトン体が体外に漏れるようで。

そして精液臭だ。このスメハラは性的な部類なのでどう考えても気軽に指摘することが困難極まりない。

 

そして、おそらくだが薬でコントロールする類ではない。

仮に検査して異常があり、病名がつくなら話は別だが。

 

精子臭のパターンは4つだと思う。

1.精液臭は普通だが、射精後ティッシュで拭いてそれを部屋に放置しているため衣類に臭いが移ってしまう。

2.精液がそもそも臭い。しかも精液がしみ込んだティッシュを部屋に放置している。

3.精液がそもそも臭い。染み込んだティッシュをビニール袋に入れるなど工夫をしているが臭いが漏れてしまうので、時々服に移ってしまう。

4.わざと衣類に臭いを移している変態。動物のマーキングと同類。

 

変態でなければ、最も合理的な精子臭カットがチャック付きポリ袋に射精する方法だ。

自画自賛だが、この記事は精子臭に悩む全世界の人間にとって価値のある記事だと思っている。

 

精子臭がする男には、同性の友人から「変なブログにオナニーの変な記事があるぞ!ww」くらいの気持ちでURLを紹介してもらえると嬉しい。

 

チャック袋+シェービングクリームで断臭精度向上(追記 2017/11/24)

同士諸君、私は1つ謝罪しなければならないことがある。

100均で販売しているチャック付き袋なのだが、1枚ごとの値段と薄さが比例することを示していなかったのだ。

要するに、100円で60枚入りの袋などに射精すると、臭いが漏れる可能性があるということだ。

私は100円20枚入りの比較的高価な袋を使っていたので断臭ができていたのだが、最近安価な袋に変えた途端、母親がこっそり「クセッ」と発言することが非常に増えた。

 

でも安心して欲しい。まだ実験段階なのだが安価な袋だろうと臭いを漏らさない秘策を思いついたのだ。

それは…「格安シェービングクリームを予め袋の中に4割程入れておく」ということだ。

 

思いついた経緯については省くとして、理屈は簡単である。

精液や袋内の臭い物質と袋自体の接地面積が減れば、その分透過する臭い物質は減るはずだ。

すなわち、シェービングクリームで細かい泡のフィルターをチャック袋内に作ってしまえという発想だ。

 

シェービングクリームの中にアレを突っ込んでも多分炎症などは起きないと思う…(そもそも髭剃りに使うものだし)

ホームセンターで200円以下のシェービングクリームが買えると思う。

思春期~実家引き篭もりの金のないおっさんまで幅広く使える手法だ。

ぜひお試しあれ。