知りたがりの雑記帳

24歳 大卒 既に2度転職 実家に寄生中無職 これからどうする!?

アトピー遍歴と治療法。ストレスで皮膚が痒くなるだけ?

f:id:egashira1055:20170825005937j:plain

いぼ痔から出血すると、生理ってこんな感じかな?

なんて能天気にはとても思えない妖精(仮)です。はよ一人暮らしせねば。

最初の一人暮らしはアトピー治らず

2011年の1年間私は都内で一人暮らしをしていた。
このときアトピーは全く改善しなかった。


ステロイドを塗り、抗ヒスタミン薬を毎日飲んでいた。
部屋が狭くてストレスが溜まっていたのかもしれない。


私の友人で狭い部屋に2人暮らしをしていたカップルがいたのだが、広い部屋に引っ越してから体重が随分と減少したらしい。
ストレスが溜まるとどういった症状が体に出るかは人によって異なるということだろう。

 

社会人の一人暮らしでアトピー改善


2017年01~04月まで私は一人暮らしをしていた。
友人のコネで入社した会社に務めながら広々とした部屋で伸び伸び暮らしていた。


そのときなぜかアトピーの症状は非常に改善していた。
原因不明で夜更かししようと偏食しようとあまり関係なかった。

 

実家に戻ってアトピー再発


2017年5月、実家に戻ってから段々とアトピーが悪化し出す。
半年前の自分が嘘のように体中に書き傷が増え、出血してしまうことが多々ある皮膚に戻ってしまった。


食生活、睡眠時間、アレルギーなど幾つか対策を施したもののどうにもならない。
正直家に帰って自分の部屋に戻ると体中が痒くて結構辛い。

 

現時点で最も有効的だと思われるアトピー治療方法(私の場合)


数日前、なぜだか分からないが「自宅 アトピー」という検索ワードを思いついた。
すると自分と同じように実家から出ることでアトピーが劇的に改善したという人間が多数存在した。


アトピーの原因はアレルゲンとストレスという理解をしている。
彼らはアレルゲンによるアトピーよりもストレス性のアトピーの方が割合が高いのではないか。


上にも書いたがストレスでどんな反応が出るかは人による。
胃がキリキリする人や下痢をしてしまう人もいると思う。


私の場合は皮膚を掻いてしまう。
これは実家ストレスだけでなく、何かがうまくいかなかったとき、失敗してしまったときなど同じように皮膚が痒くなるので分かりやすい。


アトピーを発症してから住んでいる環境を1度も変えない人は引っ越しを試しに検討してみるといいかもしれない。


成人型のアトピーは年々症状が改善し、最後には首から上だけ残るというのが定石という話を皮膚科医に聞いたことがある。
年々改善されないのはアレルゲンを除去できないか、努力程度で無くせる限界以上のストレッサーが身近に存在しているかではないか。

 

それが住まいそのものにあるとしたらどうだろう。
私の場合、幼少から今までこの家に生まれて良かったなどと殆ど思えずに生きてきたのでストレスの塊であってもおかしくない。


ただし、普段暮らしている中で住居ストレスを意識的に感じることはできない。

実家ストレス、住居ストレスが本当にあるかは証明できないが、さっさと引っ越したいなあと改めて思っている。

 

アトピーと睡眠(追記 2017/08/30)


俺はあまり眠れてないのではないか
実家ストレス=中途半端な遮光カーテンのせいである可能性を否定できない
そのため、遮光カーテンを買う必要がある。

 

どうにも私は音よりも光によって睡眠を遮られる事が多いことが分かってきた
アトピーは加算で悪化するのが経験則だ。
高ストレスを一時受けたからといって数ヶ月体が痒くなったりはしない
安くていい遮光カーテンを買わなくてわ。

 

もともと夜勤をやっていたので睡眠時間が遅くなればなるほどに皮膚の回復が遅くなっているのは経験している。

そのときよくある成長ホルモンの話で、22時~2時までに就寝すると最もホルモン量が多く出ることを思い出し、皮膚を回復するのに関係するホルモンがあるとすれば、それが出る時間帯に寝ていないから皮膚の回復が遅れるのではないかと考えていた。

 

ホルモン云々に限らず、夜更かしやオールが年々きつくなるのは人間が夜更かしするのを慣れていないためということもあるだろう。

しかしだ、ホルモン云々を言い出しても検証できない。

ホルモン→得体のしれない未知のエネルギーなどに変えても別におかしくないということだ。

 

最近になって思い出したのだが、アトピーが改善したときに住んでいた部屋のカーテンはほぼ光を通さない遮光カーテンだった。

私は正直普通の遮光カーテンでは朝の4時頃から眩しく感じている。

最近3時頃就寝することが多いのだが、明るくなっても熟睡できるようにアイマスクをしている。

(十中八九寝ている間にアイマスクはどこかにいってしまうのだが・・・)

 

早く寝るのが体によいのは明るくなるまでに熟睡できる。という至ってシンプルな理由かもしれない。