知りたがりの雑記帳

24歳 大卒 既に2度転職 実家に寄生中無職 これからどうする!?

なぜ読書は眠くなるのに音読されたものを聴いてもあまり眠くならないのだろうか

f:id:egashira1055:20170905103605j:plain

筋トレの成果で肩に肉が少し着いたムカイハルトです。

これでどこかにぶつかってもあまり痛くないです( ̄ー ̄)


私は昔から本を読んだり問題集を解いたり授業を聞く勉強が苦手である。
内容が面白く、聞き手に刺激を与える良い授業だろうと強烈な睡魔に襲われることになって授業どころではないのだ。
甘美な惰眠と頻繁に戦いながら勉強なんてできるか。


しかし、最近始めたアマゾンオーディブルはあまり眠くならない
車を運転しながら、移動しながら、食事しながら耳で読書できる。
これまた不思議なのだが、私は電車内で読書を始めると15分もしないうちに眠気がやってくる。
電車に乗る前から眠くなる

ことを確信しているので、なるべく壁に寄りかかれる席に座るのが習慣だった。


だが、アマゾンオーディブルで1.5〜2.0倍速再生をしながら比較的興味のある本を聴いていても眠くならない。
試してないが同条件で同じ本を実際に読めば眠くなるし途中で興味がなくなって最後まで読めないと思う。
ワーキングメモリーが弱いので聴き逃したり、即刻内容を忘れてしまうことはあるのだが、全く努力しないで勉強ができるのだ。


これはアマゾンオーディブルの宣伝ではない。
他にもっとコスパのいいサービスがあればそちらを使う。
現在私が知る限り月1500円聞き放題の朗読サービス以上に優れたサービスは知り得ないのだ。

 

アマゾンプライム会員は3か月無料で使えるので、とりあえずほぼ毎日のように聴いている。

アマゾンオーディブルに追加されている本は数が少なく、有名どころもあまり見当たらないかもしれない。

 

だが、その中でも気になる本を読んでいくと全く見聞きしたことがないけど面白そうな本がオススメされることがある。

この出会いというのは図書館でブラブラしながら突然興味をそそられる本に出会い、それが当りである確率よりも体感的には高い。

これが面白味の1つじゃないかな~。