知りたがりの雑記帳

24歳 大卒 既に2度転職 実家に寄生中無職 これからどうする!?

エデン界隈を渡り歩く

f:id:egashira1055:20180420003938p:plain

ブログ更新が滞ってから半年近く経ち、自分の中で様々な物事が溜まりつつあるのを実感しているムカイです。エデン古参のハルトマンとは無関係です。

半年間の経歴

Webデザイン職業訓練でデザインのセンスが無いことを痛烈に感じた後、スマホのアプリで知り合った同い年の人間のコネでSESに入社した私は現在、一切プログラミングなどの勉強を行っておりません。

まあ、SESについてはいつか別に書くとして、自分が戻って来れる場所(知りたがりの雑記帳)がまだ残っていてよかったなあと思っています。

エデン界隈に出入りするようになったのはえらいてんちょうのトークイベント参加と2017年12月の破産バーで爆笑したのがきっかけです。

 

エデンに時々通う

エデンには10回くらいなんやかんや金を吸い取られに行っております。でもバーテンやサブバーをやる気には(実は一度やりたかったときがあったけど)あまりなっていないです。

僕には突出したものがないから。金に換えられるような、人々の心を満たせるコンテンツをまだ持ち合わせていないから。
きっと僕が最も多くの人間を満足されられるコンテンツというのは音楽や芸術の分野だと思うのだけど、それに時間と金をつぎ込んでいく余裕が現状ない。

ついでに言えば、エデン騒音問題を意識してしまうのであそこで何か演奏してみたいとか全然思えない。つまり僕が活躍するフィールドではないってことだ。

あそこは喋りができる人間、飯が作れる人間、酒が作れる人間、小規模スペースを使って何かすることができる人間が優遇される場所だろう。

それ以外の人間は金を落とす客にならざるを得ない。ぼったくり価格だと思うか、商品を買いに来てるわけではないと思うかは客次第の世界だ。

 

エデンに来る人

エデンに出入りする人間はどう見ても何か持っている人間が多い。キラリと輝るものを誰しも持ち合わせていると仮定するなら、それを自ら輝かせられる人間、つまり一芸を備えている人間が吸い寄せられている。

私はこれといって持ち合わせていない。餓鬼みたいな遊び心や未知に頭突っ込んでみたい欲(特に未知の人間)で後先考えずに行動できる能力くらいなもので、人の心を満たせる成果物を持っていない。

 

エデンの価値

私にとってのエデンの価値は主に2つある

・人生スタンプラリーを進められる

(教養ある未知の人間と会話するとそのタイプの人間に今後遭遇したとき対処しやすくなる などスペックが低い私にとって生きやすくなる手段)

・知的好奇心を満たせる

(何かを極める気がないのであれば、面白い人間と会話するだけで容易く知的好奇心を満たすことが可能。読書でもできるけど生身の人間の方がよほど新鮮である)

 

ブームになりつつあるフランチャイズ・イベントバーエデン(追記 2018/04/23)

こういうこと書くとどこかで何か言われそうだけど、言いたい奴は何処でも何でも言っているので現時点での浅はかな思いを書いておく。

店舗運営できる人間はそこそこの企業で役員を務めるくらい有能な奴が大半なのでは。

この一文に限る。会社員できるなら自営よりも圧倒的に楽な場合が多いんじゃないの?

えらてん氏がリサイクルショップを運営していた頃、無職で方向性皆無だったので漠然と俺にも自営業できるんじゃないのかと思っていた。

 

本当に切羽詰まれば1月くらいは何とか運営のようなことができたのかもしれないが、自営陶芸家と接点を持ち、エデンに何度も通って分かったのは、店舗運営よりも会社員の方が圧倒的に楽そうだということ。

10年以上やっているベテラン喫茶店のマスターやネットで知り合ったフリーランスプログラマ、会社員勤めが苦手なフリーランスのカウンセラー、フリーの占い師など色んな人間に会ってきた。

 

例外なく、彼らはタフに見えた。いや、恐らくタフでなければやっていけない世界なのだろう。上司の言いなりになっていれば毎月定額の金が入ることなどない世界で、生きていくために必死になるのはタフな奴にしかできない。

店舗運営が難しいというのは、自分が働かなくても人が働いてくれる環境を作ることが難儀だということもある。

親戚でホルモン屋を開業した人がいるが、会社でコネや資金を作り、様々なノウハウを学んできたのだろう。中年になる少し前にお店を構えたようだ。

バイトが集まらなくて大変だという声が聞こえてくる。仕事はやりがいに満ちているだろう。それだけ今まで準備してきたのだから当然だ。

 

俺は自分のような無知な人間に言いたいのだけど、生半可な気持ちで店舗を運営できるだろうなんて思うのなら、実際にその目で見てからにしろ。

発達障害でも自分の好きなように活躍できるのが自営業かもしれない。ただ、そこにはちょっとした落とし穴がある。発達障害なら誰しも簡単に店舗運営や自営業ができるなんてことは一切書いていない。寧ろ逆で、健常者でさえ自分の店舗を運営し続けることができるのは一握りだということ。つまり、バカにはできねえ仕事だってこと。

 

だから就職活動も含めて人生イベントを怠け、サボってきた人間が怠惰な選択肢として自営を選ぶのなら大半が勝手に淘汰されると思っておいた方がいい。

会社員がラットレースなら自営で生きていける奴は走る前から決まっているようなものだ。ただし、無謀でもやる価値がないとは言っていない。本当にやりたいならやんなさいな、結果ではなく過程に意味があるかもしれないしさ。