知りたがりの雑記帳

24歳 大卒 既に2度転職 実家に寄生中無職 これからどうする!?

店を持つか否か。常識の向こう側へ。

f:id:egashira1055:20171016030148j:plain

生活水準を年収300万の会社員からニートに落としてもあまり人生変わらないことが分かったムカイハルトです。

 

私は今再び悩んでいます。
えらいてんちょう氏をご存知でしょうか。私は彼が提唱している「店を持て」ということを実践しようかずっと迷っているのです。

 

例えば2階建て家賃8万くらいの店付き物件を借りて適当に商売するということなのですが、私は生まれてからまともに商売などやったことがなく、飽き性この上なく、人望もないのです。

 

えらてん氏と同じ考えなのは、ただ単に家賃を払うというのは勿体ないわけです。
何か適当に商売して家賃の足しにできればいいのです。

 

問題は、私はこれから会社員になる予定であり、そうなった場合9時~18時は少なくとも会社に拘束されます。
ということは実質店を開店すると言っても19時~23時程度になるでしょう。

 

しょぼいコンテンツを用意できたとしても1日4時間しか営業できないのは痛手になります。
私が会社員として働いている時間に誰かが店をやってくれればいいんですが、そのためには人望が確実に必要になります。

 

また、当初考えていたのは適当寿司屋です。
ネタは兎に角適当、何でもあり、食って不味ければ注文した客が悪いというスタンスの寿司屋です。

 

飲食店やら中古品を販売するにはそれぞれ免許を必要なはずなので、会社員をしながら最低限の準備を行っていくのが妥当かもしれません。

土地勘の一切ない場所に何も持っていない状態で、しかも営業は1日4時間、休日は疲れてるのでさらに適当では赤字になるために開店するようなものですね。

 

とりあえず目の前の会社員としての仕事に注力することができなければ、副業やら自営も困難でしょう。

将来自営業をせざるを得ない状況になる可能性は十分にあること念頭に置いて、生きるために、勉強する必要がありますね。

 

生きることは簡単ではないです。特に私は社会性というものをあまり身に着けていなく、その社会性そのものをバカにしているところがあるので、この自分を維持しつつ生き残るというのは難しいことです。

 

よってこれからの数年は会社員を離脱する準備期間とし、次の一歩を進みたいと思っています。
ムカイハルトは常識の外側に挑戦しなければならんのです。