知りたがりの雑記帳

24歳 大卒 既に2度転職 実家に寄生中無職 これからどうする!?

我が就活。怠けることを覚えた人間がどのようにして新卒で複数の内定を獲得するのに至ったか。

久々に陶芸やって、1つ作るだけで集中力のほぼ全てを使い切ってしまった妖精(仮)でーす。

今回は就活頑張っている人に向けて、怠け者でも諦めなきゃどっかに採用される就活話を伝えたい。

 

f:id:egashira1055:20170713215130j:plain

大学3年~就活開始まで

大学でちっとも頭に入らなかったが学位を取得し、私は新卒で実家から通える会社に勤めることになった。

就職活動は全くうまくいかなかった。3年の秋から学内で開催された就活セミナーに少し参加したものの、その場にいるだけで就活した気分になって終わってしまう。

 

私にはやりたい仕事などなかった。大半の人間がそうなんじゃないかと思っていた時期もあるものの、大学4年にもなって自分の方向性がちっとも分かっていないのは少々異常なことなのだろう。

少なくとも就職活動をしようと待ち構えている大半の人間の中で私は異常であったと言わざるを得ない。

なぜ自分が働かなければならないのか、本当に不思議だった。

別に資産家の息子だとか、働くのは負けだとかそう言ったことではなく、純粋になぜ働かねばならないのか理解できていなかった。

それは無知だと言えるかもしれないが、あまりにも無知過ぎる。この世を生きる上で覚悟が全くもって足りていない、頑固な子供そのものと言えるかもしれない。

 

私が就活生達に言いたいことは、諦めなければ正社員になれる確率は高い。しかし、ブラックかもしれないし、あなたにとって長続きできる職場かどうかは定かでない。

 

春夏秋冬就職活動記 

4年 4月 学科推薦(だったかな?)大学全体ではなく学科に来ていた求人の中で一番企業規模の大きな会社を受けた。その求人の場合、1次審査をスルーしていきなり2次面接からスタートしたが、壊滅的な面接になった。

自分が面接で話したことと言えば、

「会社でやりたいことはまだ分からん。」

「志望理由は…何か面白そうだったから。」

「彼女できたんですよ?すごいでしょー?」(これに至っては自分でもちょっと狂ってるんじゃないかと思うのだが…w)

また、サークル立ち上げた話に面接官が食いついてきて困った。作っただけでろくに活動してなかったのだ。ネタがなかったので誤魔化し程度に喋ったのが失敗だったな。

 

4年 5~11月 SE、アスファルト扱っている会社、商品券の会社、靴メーカー等手当たり次第適当に受けるが内定貰えず。(ほんと貰わなくてよかったよ。入社したら利益になるようなことできなかったと思う。)

8月に研究室は夏休みになるとの情報を聞き、1か月ニコ動を見て過ごした。9月に研究室に行くと「もう来ないのかと思った」と教授に心配される。

 

4年 12月 試しに全く興味のないブラック企業を受けてみることにした。合同説明会でその会社の社員と話したのだが恐ろしく質が悪いのでこれはイケると思い、適当に採用試験を受け無事採用。絶対に行きたくないので就活を卒業ぎりぎりまで続ける覚悟ができる。

12月に入ってから都内某所で毎月開催されていた合説の雰囲気がおかしいことに気が付く。企業担当者と就活生が暗く、参加企業名は前回・前々回でも見た名前が大半になっている。つまり、人気のない企業と採用されない就活生の溜まり場に変貌していたのだ。

 

4年 1月 新卒者たちが諦めムードになっていることを実感し、これは勝てるなwと感じる。この時期にホワイト企業の枠があるとは思えないものの、就活生の大半が見つけられない企業に的を絞って説明会に連日参加。

大手就活サイトは目当ての企業を地方の合説等で見つけてから検索して使えばいいことに気づく。なお、1月の新卒内定最終列車に乗り遅れた者は流石に4月までに勝ち取れる確率は低くなってしまうだろう。

 

4年 2月 週に数日は必ず面接するという就活生として当たり前のスケジュールになる。その頃、大学の研究室にいた自分と同類のクズ院生が内定を勝ち取り、負けてられるかという闘志が生まれる。

このとき、ブラック人材として本領発揮をして12月に内定を貰ったブラックを2月に蹴り飛ばす。相手の人事に「なぜこの時期に…」と言われたが、私は絶賛就活中である。4月直前だろうと蹴り飛ばすのは構わないが、流石に直前になると面倒事が増えるので、モチベーション維持と心の支えに少々利用し、自分の損益分岐点に到達した時点で蹴らせて頂きました。

 

4年 3月 2月末から3月上旬にかけて2社から内定を貰う。本命からはまだだったので、1社曖昧な返事をして内定駒を確保し、もう1社は蹴り飛ばした。残ったその会社は田舎過ぎて行きたくなかったので就活生の自分の最後の賭けであった。3月中旬が過ぎた頃本命から内定を無事頂く。こうして私の新卒就活は幕を閉じた。

1年半後会社を辞めることになるが、この就活は全く無駄にはならなかった。新卒就活ができるのは人生で1年くらいしかないので。私にとって就活も人生もおままごとみたいなものなのだが、他人はそう思わずに必死なのだ。彼らから自分が尊重されることはないが、私は彼らを自分のためにも尊重したい。

 

就活の自己分析とか業界研究の無意味さ

今まで真っ当だと思われる人生を送ってきた方なら何か意味があるのかもしれないけれど、私には全く意味をなさなかった。

自己分析でこんな仕事が合いますとか、こんな業界がーとか、長所短所とか、自分の適性、将来の姿が分か…ったら怖えーよ!

どれ程綿密にイメージしていても実際働き出したら何がどうなるかなんて分からねえから。

上司、同僚がどんな奴かで断然仕事の印象変わってくるぞ?

だから就活なんておままごとなんだよ。

自己分析の結果では私はポジティブ人間で少し芸術肌があるけどそれは長所になるの!独自的なアイデアマン!業界はクリエイティブが向いているけど、オフィス系ソフトは大学で使っていたから事務でもOK!

ファーーーーーック!

おままごとが好きな人は毎日でも自己分析すればいいよ。

 

研究室でろくに研究をしていない場合の面接対処方法

ゼミでも研究室でも、自分がやっていることについてどうしてそれをやろうと思ったのか面接で聞かれることがある。

そのときは教授を敵に回せばオッケーw

「教授から君はこれをやるようにと言われてしまって・・・きっかけは教授の一言ですが学ぶうちにこんなところが面白くて~~」

これを言っとけば多分大丈夫!w

研究なんて大半は単位のためにやっているのだよ。

 

履歴書に貼る証明写真の安い量産方法

・近所の安い写真屋に4枚1000円くらいで撮影してもらい、ネットで証明写真量産屋に頼む

・自分で撮って自分で印刷して自分でカットする

・コンビニで証明写真印刷なるものもあるようで

・店舗を構えている写真屋に量産を頼む(これは金に相当余裕があるか、安くするために調べるのが億劫な方がやる方法です。)

 

履歴書の書き直しをさせられた話

履歴書を書くのが段々面倒になったので大学生協で販売している履歴書をスキャンして、枠に必要事項入力しA4を2枚印刷。それを企業に送り付けたら手書きで書き直せ(ボケエ!)と言われた。

だが今年になってその企業の採用サイトを見たら履歴書は手書きでなくてもよいと書いてあった。当たり前だろおい。遅いわ。

でもその会社から内定貰ったので手書き履歴書が面倒な人は堂々と印刷した履歴書を送りつけよう。

よくよく考えたら生協で買った大学名入りの履歴書を勝手にコピーしたから問題だったのかもしれないやw サーセン

よくある話ですが、履歴書に鉛筆で全部下書きし、ボールペンでなぞった後消しゴムで消すのが最もミスを減らす履歴書の書き方でしょう。

 

追記 就活自殺するくらいなら風俗にでも行け。